高さに意識|防犯砂利の設置による防犯効果|犯罪から自宅を守る
レディ

防犯砂利の設置による防犯効果|犯罪から自宅を守る

高さに意識

防犯

庭の見栄えを良くする砂利は、不審な人物が敷地内に侵入してきたのを伝えてくれる効果も抜群です。自重によって、砂利同士がこすれあうことにより、周囲に音を響かせるというシンプルな防犯グッズなのは確かといえるでしょう。しかも、ホームセンターに行けばあらゆる種類のものを購入できます。防犯性を高めるためには、庭先や玄関先に敷き詰めておくのが効果的です。不法侵入されるリスクが低くすることが可能となるので、安心して過ごしやすくなります。しかし、ホームセンターでも気軽に購入できる代物とはいえ、普通に敷き詰めれば、音を出してくれるのかが疑問に感じてしまいます。そこで、こちらのページでは砂利の正しい敷き詰め方を説明します。

防犯目的で、砂利を庭や玄関先に敷き詰める場合は、地面から3から5cmほどの高さになるまで敷き詰めるのがポイントです。ただ単に、平らに敷き詰めても砂利同士がこすれあって、独特のジャリジャリ音が生じにくくなります。防犯性を高めるためには、とにかく地面よりも若干高めに敷き詰めることを意識しましょう。

砂利の高さは、敷き詰める場所ごとに変化を持たせるのも有効です。家の敷地内でも、人が出入りする頻度に差があります。敷き詰める前には、エリア別でどれくらいの人が出入りするのかを計測しておくのがおすすめです。出入りが激しい場所は、比較的高めに敷き詰めておき、人の行き来が少ない場所は、低めに敷き詰めておいた方がいいでしょう。