家のデザインと合わせる|防犯砂利の設置による防犯効果|犯罪から自宅を守る
レディ

防犯砂利の設置による防犯効果|犯罪から自宅を守る

家のデザインと合わせる

砂利

庭をきれいにするため、防犯性を高めて不審者の侵入を予防するために砂利を敷き詰めるのも有効な手段です。独特のジャリジャリ音がなれば、自宅に誰かが近づいてくるのを如実に知らせてくれる原始的な防犯グッズだからです。しかし、砂利はいろんな種類のものが販売されています。色合いから形状に至るまで、いろいろと存在しているので、どれにしようか迷ってしまうでしょう。そこで、庭や玄関先に砂利を敷き詰める場合、どんな色合いのものを選べばいいのかを説明します。

無難なタイプだと、白い色をした玉砂利がおすすめです。丸みを帯びた形状をしていますが、防犯性は損なっておらず、踏み込んでみればジャリジャリ音がしっかりと響いてくれます。白い石灰岩を利用しているため、和風や洋風の邸宅どちらでも利用できる万能性を有しています。設置する場合は、白色をしているので、ごみや泥が付着しにくい場所をメインに選ぶのがおすすめです。レンガを利用した外壁、もしくは庭先にしている場合は赤玉砂利がマッチングしやすいです。赤褐色の色合いをしているので、レンガ調の外壁と相性抜群です。また、洋風の庭先にしている場合でも、景観を損なう心配がありません。

砂利選びのポイントとしては、家や庭先のデザインにピッタリなものを選ぶのがポイントです。家のデザインや庭先の雰囲気を熟知していれば、適切な色合いや形状のものを見つけやすくなるのは間違いありません。どれも、20kgほどで3,500円以下の価格なので、お買い求めしやすいです。