男性

防犯砂利の設置による防犯効果|犯罪から自宅を守る

無料サンプルもあり

玉砂利

ジャリジャリ音が特徴の砂利は、雅な庭造りに欠かせませんが、家の防犯性も高めてくれます。試しに敷き詰めてみたいなら、無料サンプルを届けてくれる専門業者に相談してみるのがオススメです。

もっと読む

高さに意識

防犯

庭先や玄関先に砂利を敷き詰めるなら、音が響き渡る理想的な高さを把握したほうがいいです。また、人の出入りをエリア別で調べてから、どれくらいの高さを敷き詰めるかを検討するのも最適です。

もっと読む

家のデザインと合わせる

砂利

防犯性の高い砂利は、敷き詰める場合家や庭のデザインを意識すると適切なものが発見できます。色合いや形状を調べておけば、邸宅にピッタリなデザインをしたものを見つけやすくなります。

もっと読む

音で知らせる

家

防犯砂利とは、どんなものか?

防犯砂利とは、家の外周や庭、テラスなどに敷き詰めて、その上を人が歩くと、通常の砂利よりも大きな音が出て警報の代わりになるという砂利です。空き巣などの侵入者は、大きな音を嫌う事が多いので、最近では簡単に出来る防犯対策として警備会社からも推奨されており、ホームセンターなどでも専用のものが売られています。防犯砂利は見た目は、通常の砂利と似ていますが、ガラス製品などのリサイクルガラスを高温で溶解し発泡させて製造した人工的なものです。そのため、通常の砂利よりも軽く取扱いも容易です。人工的に作られたものですので、見た目もそれなりに良く、ガーンデニングや庭のアクセントとしても使えるので、一石二鳥の防犯グッズです。

設置について注意すること

防犯砂利の設置については、注意が必要です。防犯砂利の中に、通常の砂利や土、植物などが混じっていると、砂利同士がうまく擦れ合わず、十分な音がしませんので、設置については、それらに注意して敷き詰めることが重要です。一般的には、土の上やコンクリートの上に敷き詰めることになりますが、土の上の場合は、土に埋もれていしまう事、雑草が生えてくることが考えられますので、事前にそれらの対策が必要です。土に埋もれる事に対しては、敷き詰める高さを十分にとることで、5センチ程度を目安にする必要があります。そして、雑草対策については、敷き詰める前に除草することは当然ですが、定期的に除草剤をまいたり、防犯砂利を敷く前に市販されている除草シートを敷くなどの対策をすることが大切です。